KAZ-SUS Low Ride Air Suspension System - オートメッセオリジナルサスペンション カズサス

KAZ-SUS produce by automesse - オートメッセ

  • 【KAZ-SUS】Low Ride Air Suspention System produce by automesse[オートメッセ]
  • 【KAZ-SUS】イベントやミーティングでは極限のローダウンスタイルを。 produce by automesse[オートメッセ]
  • 【KAZ-SUS】移動はスタイリッシュなロワードフォルムで最高の快適性を。 produce by automesse[オートメッセ]
  • 【KAZ-SUS】 produce by automesse[オートメッセ]
  • 【KAZ-SUS】 produce by automesse[オートメッセ]

Dance with Ground.

私は、トータルカープロデュースショップ『AUTOMESSE』の代表者として、また、東北老舗カークラブ『T.F.Lコンプリート』プレミアムメンバーとして、これまで様々な車高短車の製作に携わってきました。

純正エアサス改にはじまり、社外エアサスキットやハイドロキット、車高調キット及びハイブリッド車高調キットに至るまで、自ら乗り継いできた愛車はもちろんのこと、多数のお客様の車輌を通じて様々な足回りを経験してきました。あくまで、私の経験上の意見ですが、それぞれの足回りキットには色々な長所と短所が存在します。車高調装着車の場合、低車高での走行安定性には優れていますが、その分足回りを硬くする必要性があり、乗り心地に犠牲を余儀なくされることと、地上高が低い為、走行できる行動範囲に限りが生じます。 また、エアサス車の場合は、車高の上げ下げの利便性と乗り心地には優れていますが、低車高での走行安定性には、かなり無理を感じていました。

『エアサスの長所を活かしたまま、本当に低車高で快適に走行できるエアサスキットは作れないものか?』

私の思い描く理想の足回りを実現すべく、既存の社外エアサスキットとは一線を画す拘りのエアサスキット開発という新たな挑戦がはじまりました。
まず最初に私が試みたのは、エアサス界では定番の4独化です。しかし、しょせんエアーバックは空気の入ったゴム風船・・・ほとんど効果が発揮できないどころか、左右の車高調整が大変難しく、操作性を考えると2独の方が勝っていると感じました。2独の操作性の良さを生かしたまま、エアサス車最大の短所でもあるコーナー進入時等のロールを抑えられないだろうか?その答えをスタビライザーの強化に求めました。

以前より親交の深かったタナベ社に相談を持ちかけたところ、快く引き受けて頂き、試作とテスト走行を繰り返した後、とうとう満足いく強化スタビライザーが完成しました。車種によって異なりますが、フロント側で純正比の約200%、リア側ではなんと400%~500%のバネレートを誇る、正真正銘エアサス専用強化スタビライザーの完成です。特にリア駆動のセダン車は、リア側スタビライザーのバネレートを大きく上げることで、エアサス車とは思えないほどの効果を体感できました。

次にエアサスキット本体では、エアーバックのゴム質の硬さや耐久性を考慮した上で、エアーバッグやエアースリーブの消耗に応じて、交換が安易にできる一体型カシメタイプのエアーバッグとエアースリーブを採用しています。
また、ダンパーもロット稼動部の精度、内部のオイルの硬度やガス圧、特に減衰力調整には拘りました。減衰力調整段数が多くても少なくても調整範囲は変わらず、ギアの駒数の違いだけなので、性能的には同じです。操作性を考えると、段数が多いと左右の段数を併せるのが煩わしく思い、調整が安易で1段1段の変化が体感できる単筒式10段階調整ダンパーを採用いたしました。 トヨタ社のマルチリンク車には、低車高走行に不可欠なショートナックルアームを信頼性の高いJライン社に依頼し、オリジナル商品として製作して頂きました。また一部の車種ではこのショートナックルアームを装着時に、アーム本体とエアーバッグの間隔が著しく狭くなり、擦れや破裂等の危険性が発生する為、調整式ピロアッパーマウントを標準装備として設定しました。

また、リア側のロアブラケット取付部には、一部の車種で低車高走行時に捩れが生じ、ゴムブッシュ部に無理が掛かり亀裂を生じたり、最悪の場合はちぎれて外れてしまいとても危険です。実際にテスト走行中にこの危険な症状を私自身が体感しました。そこで、ピロアーム類や補強パーツ等で定評のある渚オート社に依頼し、専用広角ピロボールを安心の日本製で開発頂き、解決に至りました。

フルコンバージョンキットに採用した、メインコントロールボックスは、長年ショップ業で様々なメーカーのエアサスキットを取付してきた経験を生かし、難儀な作業や接続ミスによるエアー漏れ等を極力排除しようと、一つのボックス内に必要なパーツを全て接続済みにて詰め込みました。車高のメモリー機能や復元装置等も考えましたが、正確性に欠け、故障率も高くなり、おまけに高価な商品になってしまう為、私の求める親しみやすい価格のエアサスキットからはかけ離れてしまいます。そこで、私が必要と考える最小限のパーツをクオリティー重視でチョイスし、ボックス内に判りやすいレイアウトでセットしました。サイズもコンパクトに収める為、エアータンク自体も専用設計し、タンク内の水抜きや各パーツのメンテナンスも考慮して、引き出し式スライドボックスを製作しました。また、ボックス内に使用する電磁弁も、従来のピストン式ではなく、故障率を低下させる為新たに開発したフラット弁式を採用。設置場所に困るメーターやスイッチ類は極力コンパクト化を図り純正インパネ類に穴あけ加工等が必要ないように考慮しました。
特に操作スイッチは面倒な配線が必要のないリモコン式を採用し、電池切れ等を考慮し予備用として、もう一つ付属させています。

現時点での、私の考えるエアサスキットへの理想は、全てやり尽くした満足いただけるキットが完成したと自負しています。

オートメッセ代表 T.F.L COMPRETE PREMIUM MEMBER
佐藤一夫